メッセージ
閉じる 
メッセージを開く
メッセージを開く

地震に強い住まいで安心・安全!

  • 投稿日:

  • カテゴリー:


『南海トラフ地震』

政府が発表した、30年以内に南海トラフ地震が発生する確率は、
2018年時点で70%-80%程度。
過去の南海トラフ地震の発生間隔はおおむね100~150年と言われていて、

1854年に安政東海地震
1944年には昭和東南海地震

が起きていることを考えると、そう遠くない将来に
この辺りで大きな地震が起きてもおかしくないことは
私たちでも十分予想がつきます。



震度7や8の地震が起きたら、今住んでいる私たちの家は大丈夫なのでしょうか?







このグラフは2016年4月の熊本地震での木造住宅の被害を建築時期別に表したものです。
地盤等の要因も考えられますが、建築時期が古いほど倒壊・崩壊や大破の割合が高いことがわかります。


現行の建築基準で建てられた2000年6月以降の住宅の61.4%が無被害だったのに対し、1981年5月以前に建てられた住宅の無被害はわずか5.1%
その差は10倍以上。



我が家は大丈夫?💦





地震から家族を守るには
家の耐震性能を高めることが重要です。
地震に強い家は、大きな地震に遭っても、建物の被害を抑え、
屋内にいる家族の安全を確保し財産を守ってくれます。



万が一の自身の備えには
耐震リフォームがオススメです!


まずは耐震診断耐震性能を確認しましょう!







診断結果、耐震性能が低い場合は適切な補強工事により
地震に強い家にすることができます。







まずはお近くの アドバンス・リフド で 簡易耐震診断 から初めてみませんか?



 

アドバンス・リフドについて

電話でお問い合わせ メールでのお問い合わせ

    施工事例

    お客様の声

    イベント情報

    お役立ち情報

    ブログ

    お問い合わせ