メッセージ
閉じる 
メッセージを開く
メッセージを開く

増税後もお得にリフォーム バリアリフォーム編①

 

こんにちは☺

今日は『バリアフリーリフォーム』を行った際の減税制度のお話です




バリアフリー改修減税には
〈ローン型〉と〈投資型〉の2種類があるのをご存じですか?



【ローン型】

ローンを使ってバリアフリーリフォームをした場合に
ローン残高の1~2%を5年間、所得税額から控除するという制度
※最大控除62.5万円(2021年12月31日まで)

一定のバリアフリー改修工事250万まではローン残高の2%を所得税から控除
250万を超える工事や同時に行うその他の工事(全体で1000万)までは
ローン残高の1%の所得税控除を受けることができます
ン残高の1%の所得税控除を受けることができます



【投資型】

自己資金またはローンを使って
バリアフリーリフォームをした場合に利用できる減税制度
※最大控除20万円(2021年12月31日まで)

バリアフリー工事における標準的な工事費用相当額(上限200万)の10%相当額が
その年の所得税から控除されます
固定資産税の減額措置の併用ができます



また、どちらも
同居対応改修減税・省エネ改修減税・耐震改修減税
との併用が可能です

ただし
住宅ローン減税制度とバリアフリー改修促進減税制度〈投資型〉
とは選択制になります



バリアフリー改修の要件としては

■対象                      
①50歳以上である者               
②要介護または要支援の認定を受けている者    
③障碍者                    
④上記②もしくは③に該当するもの        
    または65歳以上の者のいずれかと同居しているもの
※合計所得金額が3000万以下       
 
■工事内容                   
①通路・出入口の拡張工事           
②階段の設置、改良工事            
③浴室改良工事                
・床面積の増加工事         
・浴槽のまたぎ高さの低いものに取替え
・固定式移乗台、踏み台等の設置   
・高齢者等の身体洗浄を容易にする  
水栓器具の設置、取替え     
④便所改良工事               
  ・床面積の増加工事           
・洋式便器への取替え        
・座高を高くする工事       
 ⑤手すりの取り付け工事            
⑥段差解消工事               
⑦出入口改良工事              
 ⑧床等を滑りにくくする工事          

■工事費                    
50万円超(補助金額の額を差し引く)      

■家屋の要件                   
床面積が50㎡以上               

                  
 ただし、2021年12月31日までに居住する住宅が対象なので
長期でお考えの方はご注意くださいね

申請にあたっては増改築等工事証明書など
いくつか書類が必要です


増税後も優遇制度の活用でお得にリフォーム!




詳しくはお近くの『アドバンス・リフド』で☺



 
お気軽にご相談ください
中古×リノベーション
耐熱と断熱
よくある質問
リフォームの流れ