理想のマイホームは?

  • 投稿日:

  • カテゴリー:


こんにちは☺

「いつかはクラウン♪」って知ってる人も少ないのかな💦


昔は大人になったら
一生懸命仕事をして




いつかはカッコいい車に乗って




結婚して




子どもが生まれて




家を建てて一人前だ! みたいに言われていた時代がありました。




最近はどうでしょうか。

車はコンパクトで十分!
35年もの間、住宅ローンに縛られるよりは、中古住宅を購入したり、身軽な賃貸住宅を選んで、趣味嗜好にお金を使う人が多くなってきてるとか。

今は、車もリースやシェアする人が増えてきていて、どうやら世の中は「所有」から「使用」に移行しつつあるようです。

家も「住む」から「使う」ものになってきているのかもしれません。




仮に、土地と家を35年の住宅ローンで取得したとしましょう。

土地代:800万
新築費用:1800万
諸費用:200万
合計:2800万

35年で住宅ローンを組むと、総支払額が約3300万
10年目頃からメンテナンスが必要になってくるので

外壁塗装:100万×3回(10年~15年に一度)
水廻り交換:30万(トイレ)
      100万(浴室)
      20万(洗面)
      100万(キッチン)
内装:100万
その他修繕費:100万

合計:750万

あと固定資産税やその他もろもろで500万とすると、
なんと35年間で4550万円のお金が必要になります。

もちろん35年たった後は、自己資産として残ります。




では中古住宅を購入した場合はどうでしょう。

土地代と建物代:1500万(平均)※リフォーム済み
諸費用:200万
合計:1700万

35年で住宅ローンを組むと、総支払額が約2000万
同じく10年目頃からメンテナンスが必要になってくるので

外壁塗装:100万×3回(10年~15年に一度)
水廻り交換:30万(トイレ)
      100万(浴室)
      20万(洗面)
      100万(キッチン)
内装:100万
その他修繕費:100万

合計:750万

あと固定資産税やその他もろもろで400万とすると、
なんと35年間で3150万円必要になります。

この場合も、ローン支払い後は自己資産として土地と建物が残ります。



次はずーっと賃貸住宅に住み続けた場合


家族の人数が増減することを考慮して、家賃を平均70,000円と想定します。
70,000円×12ヶ月=840,000円
840,000円×35年=2940万円

賃貸住宅なので諸費用やローンの金利などは必要ありませんが、
35年間の間に3回~5回お引越しをすると想定すると、
150,000円×5回=750,000円

お引越しごとにかかる諸経費をざっくり100万とすると
35年間にかかる費用は、合計3115万

この場合は賃貸住宅なので、35年後に資産は残りません。




月々の支払い額で比較すると、

新築の場合:78,000円/月+メンテナンス費用+固定資産税
中古の場合:48,000円/月+メンテナンス費用+固定資産税
賃貸の場合:70,000円/月+引っ越し費用


それぞれ価値観が違うので、どれがいいということではありませんが、
新築住宅を取得した場合と、中古住宅を取得した場合の月々の支払額の差が
約30,000円!

年間で360,000円
35年間で1260万

この差をどう考えるか⁉


念願のマイホームを新築するのも良し!




中古住宅を買って、1260万で家族で旅行に行ったり、趣味や嗜好にお金を使うのも良し!



幸せのカタチは人それぞれ。
あなたにとってベストな選択のお手伝いができれば、私たちも幸せです。




「そろそろ家を…」と思ったら、
ぜひお近くの『アドバンス・リフド』へご相談下さい!
 

施工事例

お客様の声

イベント情報

お役立ち情報

ブログ

お問い合わせ

中古×リノベーション
耐熱と断熱
よくある質問
リフォームの流れ