メッセージ
閉じる 
メッセージを開く
メッセージを開く

リフォームで長生き!?

 

寒くなりましたね☺

紅葉🍂、もう見に行かれましたか?
11月なのに、ようやく色づき始めたくらいみたいですょ

来週頃が見頃ですね♬


そんな楽しみもありますが
朝晩の冷え込みが厳しくなってくると

動くのが億劫だったり
朝起きるのが辛くなったり

寒いのはちょっと苦手です💦

そんな私は
夏の暑い日々を病院で過ごしたこともあり
今や立派な健康オタク!

ゆえに
今年は、冬への備えもぬかりがございません


とにかく身体を冷やしてはいかんと思い
『ポカポカ』とか『温かい』のフレーズを見ると
ついつい買ってしまう今日この頃





室温を常にcheck!
16℃以下になるとすぐエアコンをピッピッ!!


なんで16℃?


それは、室温が16℃を下回ると
大きな健康リスクがあると言われているからなんです👆


室温が16℃以下では、呼吸器系疾患に影響があると言われていて
12℃を下回ると血圧上昇や心臓血管疾患による冬季の死亡率が


なんと
50%も上昇するんです!


高齢者になると更に影響大!!!




でも、気を付けて!


リビングが暖かくても、トイレやお風呂・寝室などが寒いままだと
その大きな温度差が死亡につながってしまいます


リビングだけではなく、家全体を温かくしておくことが必要なんです!


部屋間の温度差が小さくなると
さまざまな病気の発症率が減るという結果がでていて

家中が温かくなると、風邪にかかる割合も38%も減少するんですって!


それ以外にも

季節性鬱
気管支炎
乾燥・アトピー
リウマチ
不眠
脳卒中
心筋梗塞

などの健康被害も軽減されるようになります


元気で長生きするために

実は

『断熱』
がとっても大事なんです!





断熱性の低い住宅で生活いていると
冷暖房費の光熱費がかかるだけでなく

無駄な医療費もかかってしまうという調査結果が出ています


例えば

エアコンが効きづらい
断熱材が入っていない
サッシが古い
すきま風がはいってくる

などのご自宅の『断熱性能』を上げることで得られるメリットは

メリット1:光熱費削減
およそ39,600円/戸

メリット2:疾病予防

およそ24,400円/世帯

なんと一年間で64,000円もの経済効果が期待できるんです!


全国的に医療費が削減されると
公的負担の削減にもつながり
更にメリットが大きくなると考えられています


とはいえ、『断熱改修』にも費用がかかりますよね


平均的な断熱にかかる費用はおおよそ100万円
ただし削減が期待できる『光熱費』『医療費』を考えると

断熱改修にかかった費用は16年で回収できることになります


人生100年時代


元気で長生きするために
この冬から温かい『快適リフォーム』
始めてみませんか?


 
お気軽にご相談ください
中古×リノベーション
耐熱と断熱
よくある質問
リフォームの流れ